ボックキッチンカー

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車の知識をある程度持っている人は、自分で移動販売車を製作できますが、十分に注意をして行動しなくてはなりません。どんな部分に気をつけて行動しなければいけないかと言いますと、調理をするスペースを十分に確保する部分になります。運転席と調理場がしっかりと分かれていなければ、許可を出してもらえないのが移動販売車になりますが、あまりにも調理場を狭くしてしまうと、自分が動きにくく商売をしにくい環境になってしまいます。自分しかその車を使わないと考えると、製作をする段階で妥協してしまう傾向があります。多少狭くても自分が我慢すれば良いと考えてしまうと、その後も苦労しながら商売をしなくてはなりません。また調理場があまりにも狭いと、効率良く料理を作れないので、必要以上にお客さんを待たせてしまう状態になります。お客さんはなるべく早く商品を手にしたいと考えているので、効率が下がってしまい、提供までに時間がかかってしまうと、次回以降利用するのを避けられてしまいます。車になるので、かなり広い調理場を確保すると言うのは難しくなりますが、ある工夫をすればしっかりと調理場を確保できる傾向があります。どんな工夫をするべきかと言いますと、収納をしっかりと考えて製作をする方法になります。収納があれば、調理に使う道具などを清潔な環境のままでしまっておけますし、さらに同じ場所にしまっておけるので、比較的広く調理場を確保できるようになります。収納がない移動販売車の場合は、非常に調理場が狭くなってしまい、苦労している人が多いのでなるべく収納をしっかりと考えて作るようにしましょう。非常に大きな道具を使い調理をしなくてはならない場合もありますが、基本的には細かい道具を使って、調理をする人が多くいます。収納があれば道具がどこに行ったのか分からないなどの状況も防げるので、この部分もメリットになります。収納をしっかりと確保した上で、なるべく広く調理場も確保するようにしましょう。
Tagged on: , ボックキッチンカー