メモリアルハーティ

海洋散骨を東京、横浜で実施致します。散骨専任のスタッフが様々な散骨プランを丁寧にご説明致します。

葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近は若い世代の人たちの間で自然葬が人気を集めています。日本では陸上散骨ができる場所がほとんど無いので、多くの人は海洋散骨(海洋葬)を選択しています。特にお墓不足が深刻な東京では海洋葬を執り行う人が多く、多くの業者が海洋散骨のサービスを行っています。 自然葬は新しい埋葬方法なので、散骨を行う時期やタイミングについての慣習やルールのようなものは存在しません。それでも仏教徒の人であれば、四十九日が過ぎてから行う方が多いようです。宗教的な信条や慣習にこだわらないのであれば、心の整理が付いた後に散骨を行う事ができます。 東京湾で海洋散骨を行う場合には、天候や気温についても考慮するようにしましょう。冬や春先の時期は気温が高くて暖かい日でも海水温が低いので海風が冷たく、ゆっくり故人との別れの時を過ごすことができません。夏は気温が高すぎるまたは夕立に遭うことがあります。東京湾で海洋散骨に最も適した時期は桜が咲く春の(4月後半)か、台風が来なくなった秋(10月頃)です。春または秋の時期であれば気候が穏やかなので、ゆっくり故人と別れの時を過ごすことができます。
Tagged on: , メモリアルハーティ