Your BIKE PARK

の関連情報

バイク
※テキストはWikipedia より引用しています。

バイク駐車場に駐車していたバイクを破損させられた時の対処法は、証拠の保全と二次被害の対策を行なう方法が有効です。 証拠の保全は、バイク駐車場でバイクを破損させられたという客観的な事実を記録することにより確かにこのような事実があったことを証明する証拠を残すことが主な目的になります。 このような事を行なう理由は、被害や責任の所在を明らかにするには個人の主観的な証言だけではなく被害の客観的な事実を示す必要があるからです。 一般的には警察への被害届の提出や駐車場管理者への連絡、被害状況の写真撮影などが行なわれます。 二次被害の対策は今後このような被害が出ないようにするために行なう対策が主になります。 被害の状況や管理者の対応により対策方法は異なりますが、関係者以外の立ち入りを制限したり防犯カメラの設置などが行なわれる事が多いです。 対処法を行なう際の注意点としては、きちんと必要な対策を行なうまではバイクを使用しないことです。 注意点を守る理由は対策を行なう前にバイクを使用したり修理を行なってしまうとバイクの保存状態が変化してしまい、被害を受けたという事実が証明できなくなり責任の所在がわからなくなるからです。 必要な対策を適切に行なう事により、このような駐車場での問題に効果的に対処する事が出来るようになります。
Tagged on: , Your BIKE PARK